ケアマネージャーの仕事の流れとは

介護を必要とする人々を支援するケアマネージャーの仕事は、一体どのような流れで進んでいくのだろうか。
これからケアマネージャーを目指す介護職の人々にとって、仕事内容やその流れは気になる部分の1つだ。
あらかじめ仕事の流れを把握しておくことで、業務にも取り組みやすくなるだろう。
ケアマネージャーが始めに行う仕事は、インテークとアセスメントだ。
インテークとは、介護サービスを希望する本人とご家族との最初の面談を意味している。
仕事を円滑に進めていくために、利用者側から一定の信頼を得ることは必要不可欠だ。
だからこそ、ケアマネージャーとして誠実に接しなければならない。
一方アセスメントとは、利用者の状態や要介護認定などの情報から、必要なサービスを選定することだ。
そのためには利用者の心身の状態だけでなく、ご家族からも情報を収集する必要がある。
続いてケアマネージャーが行うことは、ケアプランの作成とサービスの調整だ。
ケアプランを作成する時には、利用者とご家族の意向をもとにして、目標を設定することが重要になる。
そのうえで、具体的なプランをまとめていくのが通例だ。
サービスの調整においては、まずは介護サービスを提供する事業所の選定を行う。
その後はサービス担当者会議を開き、利用者側の希望を大切にしながら、具体的なサービス内容を決めていくのだ。
そして最後に利用者とご家族の同意を得て、介護サービスが提供されることとなる。
サービス開始後は、利用者の状態やサービスの実施状況などをチェックするモニタリングも、しっかり行わなければならない。