看護師

ケアマネージャー仕事の現状と課題

ケアマネージャーの資格を取得するためには、受験資格が必要である。 受験資格は多様であるが、医師や看護師、介護福祉士、社会福祉士など医療系や福祉系の国家資格を持つことも受験資格の一つである。 ケアマネージャー資格が誕生した時には看護師資格を持つ人がたくさん受験をしていたが、現状では介護福祉士資格を持つ人の受験が増加している。 この背景には、介護職のキャリアパスとして、ケアマネージャーを目指す人が増えたということがあげられる。 未経験で介護の世界に入っても、実務経験を積むことでケアマネージャーを目指すことができることが大きな理由である。 介護系のケアマネージャーが増えたため、現場で活躍しているケアマネージャーは医療的な知識が不足していると言われている。 介護保険サービスを利用する高齢者の多くは、介護の問題だけでなく医療的な課題を抱えている。 中には、在宅医療を続けながら介護サービスと併用している人もいる。 ケアマネージャーに医療的な知識が不足していると、本当に必要な介護サービスを提供することができないことが懸念される。 そのため、学生の時から介護を専門とする学生にも医療的な知識や技術を学ぶ機会を設けている学校が増えている。 医療と福祉の連携がより密になることが予想されている。 また、すでにケアマネージャー資格を取得した者に対しては、研修や資格更新時にケアマネージャーに必要な医療知識を身につける機会が与えられている。